ニキビ跡の治療法とケアに最適な成分

ニキビ跡は、ニキビのできた毛穴が炎症を起こすことにより、毛穴の周りの組織が損傷を受け、傷跡のような形で残ってしまったものです。クレーター状のニキビ跡は、強い炎症が起こった時に残ってしまうことがあります。炎症によって肌の真皮がダメージを受け、肌を支えるコラーゲン組織が破壊されてしまい、クレーター状に落ちくぼむのが特徴です。このニキビ跡の場合、セルフケアで改善するのは難しく、治療法としては美容クリニックなどで、コラーゲン組織を作るはたらきのあるレーザーを照射したり、古い皮膚を除去し、新しい皮膚に生まれ変わらせるピーリングなどがあります。クレーター状のニキビ跡に、コラーゲンやヒアルロン酸などを直接注入することで、皮膚を盛り上げる治療法も存在します。
ニキビによって炎症が起こると、クレーター状の跡は残らなくても、肌に赤みや色素沈着が起こることがあります。こちらは時間の経過により正常な肌へ戻っていく場合が多く見受けられますが、1年程度かかる人もいます。セルフケアで赤みや色素を薄くするためには、ビタミンCが配合された化粧水や美容液を使ってのスキンケアがおすすめです。ビタミンCには毛穴から分泌する皮脂の量を抑え、ニキビができた時の炎症を抑える効果もあります。特に肌への浸透が高いとされているのがビタミンC誘導体で、通常のビタミンCよりも高い効果が期待できます。サプリメントのように飲むタイプのビタミンCは、美肌に役立つ効果はあるものの、ニキビ跡改善の効果はないので注意しましょう。

ニキビ跡を改善するための治療法

ニキビ跡には大きく2種類あります。1つ目がクレーター状になっている跡です。これは毛穴と毛穴周りの炎症の跡であり、真皮層までそのダメージを受けてしまった証拠です。一度失ってしまった真皮層のコラーゲンは自然に再生はしてきません。改善するにはクリニックでニキビ跡の治療法を試してみます。治療法にはレーザーの他に、ピーリングや注射があります。レーザーを当てることでコラーゲン生成を促します。ピーリングは肌を生まれ変わらせる効果があります。注射は直接コラーゲンなどをお肌に注入してくぼみをなくしていきます。困ったニキビ跡としてもう1つ、色素沈着があります。炎症のあとの赤みがそのまま残っていたり、メラニンの生成により色素が沈着してしまうと赤い跡となります。多くの人は薄れてきますが、ひどい場合だと消えにくいです。また、ストレスの多い生活や食習慣の乱れによりなかなか改善しない人もいます。上記の方法のほかにクリームなどの塗り薬やビタミン剤で対処します。医師に相談すればコラーゲン生成のためのクリームや赤みを薄くしてくれるビタミン剤を処方してくれます。この2つのケースの他にも実はもう一つ、まれなケースとしてケロイド状になってしまうことがあります。これはステロイド注射で対処しなければいけないので、早めにクリニックに足を運ぶことが大切です。たかがニキビ跡と放っておくと治療時期を逃してしまい、一生後悔してしまうので炎症跡が浅いうちに対策をしましょう。

ニキビ跡の治療法について

ニキビ跡の治療法の基本は、肌のバリア機能や肌のケア能力そのものを正常化させていくことです。ニキビ跡の治療法では、こういった根本治療を行うことで、同時にニキビの再発を抑えられるようになります。
ニキビ跡がシミになった場合は、炎症が起きた部位に色素沈着が起こることで発生します。シミとは、もともとメラニン色素が外部刺激から肌を守るために分泌されるものです。そのため、炎症が発生することでシミもできやすくなりますが、肌のターンオーバーを活発化させることでシミを薄くさせていくことが可能です。ターンオーバーの周期を整え、肌のバリア機能を回復させるためには、角質層の水分尿を保つことがポイントです。シミになってしまった場合には、保湿を徹底して行います。あわせて、ニキビができる要因となる男性ホルモンの分泌量を低下させることができれば、ターンオーバーの周期も正常化しつつシミが緩和されていきます。
ニキビが膿んだり腫れたりした場合には、凸凹のあるニキビ跡が残ります。皮膚そのものが陥没した場合、自然治癒する可能性は低い為、早めの根本治療を行う必要があります。一般的には、レーザー治療が主流です。凸凹の出ている個所に微小な傷をつけることで、傷口が治癒する際の皮膚の再生する働きを利用して凸凹に陥没した箇所を塞いでいく治療法です。ただし、一時的にですが、肌を傷つけることになるため、敏感肌の人や肌が炎症している人には不向きです。