ニキビ跡を改善するための治療法

ニキビ跡には大きく2種類あります。1つ目がクレーター状になっている跡です。これは毛穴と毛穴周りの炎症の跡であり、真皮層までそのダメージを受けてしまった証拠です。一度失ってしまった真皮層のコラーゲンは自然に再生はしてきません。改善するにはクリニックでニキビ跡の治療法を試してみます。治療法にはレーザーの他に、ピーリングや注射があります。レーザーを当てることでコラーゲン生成を促します。ピーリングは肌を生まれ変わらせる効果があります。注射は直接コラーゲンなどをお肌に注入してくぼみをなくしていきます。困ったニキビ跡としてもう1つ、色素沈着があります。炎症のあとの赤みがそのまま残っていたり、メラニンの生成により色素が沈着してしまうと赤い跡となります。多くの人は薄れてきますが、ひどい場合だと消えにくいです。また、ストレスの多い生活や食習慣の乱れによりなかなか改善しない人もいます。上記の方法のほかにクリームなどの塗り薬やビタミン剤で対処します。医師に相談すればコラーゲン生成のためのクリームや赤みを薄くしてくれるビタミン剤を処方してくれます。この2つのケースの他にも実はもう一つ、まれなケースとしてケロイド状になってしまうことがあります。これはステロイド注射で対処しなければいけないので、早めにクリニックに足を運ぶことが大切です。たかがニキビ跡と放っておくと治療時期を逃してしまい、一生後悔してしまうので炎症跡が浅いうちに対策をしましょう。