ニキビ跡はどう治す?クリニック治療のメリット・デメリット

001
ニキビ跡を治療するには、クリニックでの診察は有効な手段の一つです。

「一般皮膚科」と「美容皮膚科」は、両方とも医師が治療をする医療機関です。どちらかと言えば、一般皮膚科は保険治療がメインとなり、美容皮膚科は自費治療に力を入れていることが多いです。

どちらかを名乗っていても、保険治療も自費治療も、両方メインに扱い、選択の幅を広くもっているクリニックもあります。

こうしたクリニックで受けられる治療方法はさまざまあり、以前よりも選択肢が増えました。

その分、どうやって治すのか、どのくらいの費用がかかるのか、疑問や不安がたくさんありますよね。

そんな方のために、今回はクリニックのニキビ跡治療のメリット・デメリットを検証してみました。

どうやって治すの?ニキビ跡治療方法

クリニックでの治療は、診断からニキビ跡や肌状態に合わせた方法が提案されます。

クリニックで受けられるニキビ跡に有効な治療方法と、費用を調査してみました。

投薬治療

処方された飲み薬や塗り薬で、ニキビ跡を治す方法です。赤みのあるニキビ跡に対しては、抗炎症剤などを処方されることが多いようです。

自費治療だと、色素沈着したニキビ跡などにはハイドロキノンクリームなど、美白効果のある成分が主になります。

保険適用内であれば、費用は2,000~3,000円前後となります。ハイドロキノンクリームや美白剤は、クリニックによって取扱いが違うので、問い合わせの上費用を確認しましょう。

ピーリング治療

肌にピーリング剤を塗布して、肌表面の余分な角質をふやかし、除去する方法です。

ニキビ跡に角質が溜まっていると、肌のターンオーバーが滞り、メラニン色素が蓄積しやすくなります。角質を除去することで、あとで付ける化粧水や保湿剤の浸透を高めます。

治療する範囲や、ピーリング剤、アフターケアの化粧水や保湿剤により、費用は3,000~20,000円とクリニックによって幅があります。

レーザー治療

ニキビ跡のある肌に、目に見えない小さな穴をレーザーで無数にあけ、皮膚の奥まで刺激を与えます。その刺激が真皮にある肌細胞を活性化させ、肌の生まれ変わりを助け、徐々に皮膚細胞を入れ替えていきます。

今のところ、赤みのあるもの、色素沈着、凸凹のあるニキビ跡など、すべてのニキビ跡の治療に有効とされています。

ニキビ跡が完治するまでには、何度か施術を受ける必要があります。範囲やレーザーの種類にもよりますが、1回で約30,000~100,000円になります。

患部注射治療

ニキビ跡のある箇所に直接、FGFという細胞増殖因子を注射します。細胞増殖因子により、真皮の肌細胞が増殖し、内側から新しい細胞が押し上げていきます。肌がふっくらとして、開いた毛穴も小さくなっていきます。

クレーター状ニキビ跡の治療に、多く利用されているようです。

ニキビ跡の範囲や肌状態によって費用は変わりますが、1回10,000~40,000円前後が一般的です。

また、1回の注射で改善できる場合もあれば、数回行わなければならない場合もあります。

皮膚移植

本人のニキビ跡のない箇所の皮膚を、手術で移植する方法です。

皮膚の培養が必要なので、手術前の準備が必要です。手術後は、半年から1年の経過観察をします。

ニキビ跡の範囲などで費用は異なりますが、約450,000円以上となります。

どのくらい通えばいいの?通院頻度と期間

クリニックでの治療は効果の高い方法と言えますが、一度の治療で完治するとは言い切れません。また、軽症のニキビ跡で、肌状態が良好であれば、一度でも効果が出る場合もあります。

ニキビ跡の範囲や肌状態などで個人差はありますが、完治までは、一般的に1ヵ月に1回の診察を半年から1年以上の通院が必要です。人によっては、定期的に3~4年通い続けているというケースもあります。

1ヵ月に1度診察を受けることが通常ですが、肌状態に変化があったり、ニキビ跡が悪化するようなことがあれば、すぐに受診しましょう。

ココが悩みどころ!ニキビ跡治療のデメリット

003
クリニックの治療は、幅広く肌質とニキビ跡に対応し、それによって早い改善が可能です。しかし、ネックになるのは治療費用です。

効果を実感できても、定期的に数回以上治療を受けなければ、完治となることは少ないです。

決して安いとは言えない治療費用なので、数回以上となると、ニキビ治療にかけられる予算を決めておいたほうが良いでしょう。

クリニックに行く前に…自宅でできるニキビ跡ケア

ニキビ跡治療の費用をできる限り抑えて、ニキビ跡をきちんと治すには、自宅ケアを取り入れることをおすすめします。根気よくケアを続けているうちに、ニキビ跡を薄くすることもできます。

まずは、肌を健康に保つことが、ニキビ跡に有効なケアとなります。自宅でできる、ニキビ跡を改善するために必要なケアをご紹介します。

夜はしっかり熟睡

sleep
肌細胞が育つのは、夜の睡眠時間です。とくに、入眠直後の3~4時間に熟睡していることが大切です。

熟睡するためには、脳を落ち着かせる環境を作りましょう。

入眠する2時間前までに入浴、食事を済ませて、体温が落ち着いたころに眠りに入れる状態にしましょう。

寝具やパジャマは、ベージュなどの淡い色でそろえ、間接照明などで目から入る刺激を抑えます。スマートフォンやパソコンの操作も、眠る2時間前から控えましょう。

健康な肌を作る食生活

食物繊維やビタミン類の摂取を意識して、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

ニキビ跡ケアで積極的に摂りたい栄養素があります。

ビタミンA

ニンジン、ほうれん草などの緑黄色野菜や、ウナギに多く含まれ、肌の生まれ変わりを助けます。脂溶性ビタミンのひとつのため、オリーブオイルなどの良質な油と一緒に摂ることで吸収率が上がります。

ビタミンB群

余分な脂質を代謝作用によって除去し、肌の水分と油分のバランスをコントロールできます。豚肉、ゴマ、にんにくなどに多く含まれます。

ビタミンC

熱に弱い栄養素のため、火を通す調理は短時間に抑えましょう。パプリカやブロッコリーに多く含まれています。細胞の老化を防ぐ抗酸化作用と、色素沈着を防ぐ効果があります。

ビタミンE

ナッツ類に多く含まれていますが、ナッツの油分に気を付けて摂取しましょう。血行促進効果と、肌を老化させる活性酸素を除去する効果があります。

コラーゲン

ふかひれや豚足、身近なものでは、ゼラチンや手羽先で取り入れられます。

コラーゲンだけ摂取しても分解されてしまいますが、他の栄養素と一緒に摂ることで、体内でもう一度コラーゲンが産生されやすくなります。

肌を強く育てる保湿ケア

repro
肌はきちんと保湿されることで、本来のバリア機能とターンオーバーが正常に働きます。ニキビ跡ができてしまうのは、ニキビの炎症によって肌の機能が弱っていることが原因です。

ニキビ跡専用の化粧水「リプロスキン」は、肌を育てる保湿ケアが出来ます。

肌の炎症を抑えながら、肌に必要な水分と油分を補います。さらに、リプロスキンの有効成分プラセンタエキスは、肌の奥まで浸透して、細胞から肌を育てます。

肌本来の機能を取り戻すため、どんなニキビ跡にも効果が期待できます。

ニキビ跡改善のために作られているので、弱った肌にも優しい無添加成分です。120日間の返金保証付きなので、肌が敏感な人も、現品から安心して試せます。

背中ニキビ跡に効果的なケア商品はこちら⇒http://greatlakesmashups.net/

クリニックと自宅ケアでニキビ跡徹底消去!


自宅でできるニキビ跡ケアは、今日からでも始めることが出来ますが、ニキビ跡の改善には時間がかかります。クリニックの治療は、効果がある分、費用がかかります。

しかし、クリニックと自宅ケアを併せれば、最短期間でニキビ跡を改善することも可能です。

高額な治療は望まないけれど、クリニックを検討中という方は、予算についても医師に相談してみてはいかがでしょうか。治療方法の選択肢は豊富にあるので、信頼できる専門医を訪ねてみましょう。肌状態を良好に保ち、ニキビ跡に徹底した治療を施すことで、効果も出やすくなります。

すぐにはクリニックに通うことが出来ないという人は、なにもしないでいるより、自宅ケアを始めましょう。スキンケアに加えて、睡眠や食生活も総合して見直すことで、ニキビ跡の弱った肌の改善と予防になります。

自宅で行う顎ニキビ対策!口コミで話題の顎ニキビ専用治療薬メルラインの効果は?
詳細はこちら>>メルラインの口コミ

諦めずに、根気よくケアを続けて、ニキビ跡とサヨナラしましょう!